ブログネタ
高校偏差値 に参加中!
jk01


今のままでは合格する見込みがないことはわかっているけれど、何をどうしてよいか途方に暮れるような状態だったとしても、
伸び悩んでいた成績がグングン伸びていくようになり、あれだけ遠かった合格ラインをぐっと近くに引き寄せられる勉強法がこちら




あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないでしょうか??


同じ間違いをいつも繰り返し間違えてしまう

いったい何からすればいいのかわからない

集中して勉強しているはずなのに成績が伸びない

悩んで子も答えの見つからないことばかり



中学生の成績なんて、ちょっと頭の良い人ならば、簡単に点数がとれてしまいますし、

普通の人ならば2時間くらいはかかってしまうようなことでも、1時間もかからずに終わらせてしまうものです。


ですから、彼らの能力に頼って勉強を教わるというのは決して悪い方法ではありませんが、必ずしも、思った通りの効果が期待できるわけではありません。


というのも、頭の回転が速い人は、感覚的に答えを導き出してしまっていることが多いため、自分自身がなぜ、その問題を解けたのかを、

人にわかりやすく教える能力までは身に着けていないケースが多いからです。


むしろ「勉強のできる人にせっかく教わったのにやっぱりわからない。。」という失敗体験が、ますます勉強に対する苦手意識を強めてしまい、

勉強に対するモチベーションをどんどん下げていったり、「勉強しても無駄!」みたいな意識をさらに強めてしまうわけです。


jk04


河原利彦さんの受験への最終兵器”トリロジー”は、問題を解くときの「ミス」を最小限に抑えると同時に、学習の質を高めて、

問題を効率よくとけるようになる受験勉強法マニュアルで、1日30分の勉強だけでも、志望校に合格できる実力をめきめきと鍛え上げていくことができます。


河原利彦さんとはちなみに、河原塾塾長を務めている人で、これまで25年以上にもわたって中学生の高校受験を指導してきたキャリアの持ち主です。


平成22年度の高校受験では、河原塾で学んでいた生徒のうち偏差値60以上の難関高校を目指していた子供を全員志望校に合格させるなど、

彼の指導力には定評があり、現在では、塾の生徒だけではなく、全国の塾講師を相手に、指導法の伝授を行ったりもしています。

jk05


河原利彦さんの受験への最終兵器”トリロジー”が、これほどまでの評価を獲得しているのは、脳科学のノウハウを取り入れることによって、

勉強のストレスを軽減し、より効率よく学習が進められるように工夫されているからです。


たとえば、人間の脳は「あいまいな認識をする」「失敗しないと覚えない」という性質があり、

これは何を意味しているかというと、「間違えてしまった原因をとことん追及して考えることで、失敗の本質を捉えることができる。」という点で、

受験への最終兵器”トリロジー”では、「忘れ物リスト」と呼ばれる勉強法を用いることで、自分が分かっていなかったことを、

しっかりと頭の中に認識させて、似たような問題でつまづかないように解答力の補強を行っていきます。



3つのツールを駆使して志望校の合格力を高める河原利彦さんの受験への最終兵器”トリロジー”が30日以内に見違えるような効果を発揮する秘訣はこちらでも詳しく紹介をしています。